ラジオ・チャリティー・ミュージックソン

今日は、クリスマスイブですね!

過去のクリスマスをいろいろ思い出したりするのですが、学生時代、彼女も居なかった私は、ニッポン放送のラジオ・チャリティー・ミュージックソンを勉強しながら一人で聴いていたことが思い出の一つになります。当時は、夏の24時間テレビと同じで欽ちゃんが司会進行をしていましたね。寂しいクリスマスを毎年送っていたのですが、当時は、ラジオが私の友達でした。今年は、ラジオ・チャリティー・ミュージックソンは、40回目を迎えるとのことです。私が8歳のときから行われているのかぁ~と思いました。今年の司会進行は、上戸 彩さんです。

ラジオ・チャリティー・ミュージックソンは、目の不自由な方が安心して町を歩けるように、音の出る信号機を増やすための募金を呼び掛けていくチャリティーキャンペーン番組です。私は、募金できませんが、こういった番組は、今後も長く続いていって欲しいものだと思います。

なお、今、私が住んでいるところでは、ニッポン放送を受信することができません。しかしながら、いまは、radiki.jpにアクセスすれば、パソコンやスマホでラジオを聴くことができるという便利な世の中になりました。うれしい限りです。もちろん、パソコンに向かっております今も、ラジオ・チャリティー・ミュージックソンを聴いております。

コメント

  1. nature より:

    こんばんは。
    クリスマスイヴですね。
    クリスマスの頃の思いでは、いろいろですね。
    若い頃は山がほとんどだったですかね。
    正月も山で迎えました。
    そういう企画のラジオは存じませんでした。
    しかし、Akiraさんは、私より20歳以上若いのですね。
    うらやましいです。

    • akira より:

      こんにちは!
      そうですか、山に行っていたのですね。
      20歳以上の差が有ったのですか…….。
      そんなに年上の方とは思いませんでした。

タイトルとURLをコピーしました