エアコン設置完了

マイホーム

 本日、 “TOMYテクニカ”さんによって、無事、エアコンの設置工事が終了いたしました。

 一度、見積もりと異なったエアコンが設置され、返却することとなり、再考した結果、ダイキンのエアコンに決定してから約2週間での設置となりました。

 今度は、もちろん、発注したものが設置されております(笑)。

 以下が、設置された状態の室外機です。ちょっと、わかりにくいかもしれませんが、コンセントが使われていないことがわかると思います。

 私も、本日の工事立ち合い時まで知らなかったのですが、室内機の電気は、室外機経由で供給されるタイプだったのです。まぁ、致命的な問題では無いのですが、最初から、このダイキンのこのエアコンにしていれば、コンセントは不要であったということであります。

 あと、これは、もうエアコンの設置場所を決めたときから犠牲になることはわかっていたのですが、ブランケットからのあかりが、エアコン上部に当たってしまうということであります。まぁ、1カ所犠牲になるだけであり、これで、部屋が暗いと感じる訳ではありません。ちょっと見栄えが!であります。

 

 何度も同じことを記載してしまいますが、我が家の1階の床は、床暖房となっておりますので、冬にこのエアコンを使うことはほとんど無い予定であります。

 夏も、これまでエアコン無しで過ごして参りましたので、どれだけ使うかは不明ですが、課題は、吹き抜けのリビングを含め、我が家の間取りとエアコンの能力との関係であります。

 この問題は、実際に、真夏に稼働させ、エアコンにかかる負荷状態を確認しつつ、キャットウォーク(上の写真のブランケットの上に見える木の部分)を利用した布による間仕切りをDIYで設置したりすることで調整しようと考えております。

 結局、エアコンの再導入は、ゆっくり再考しようと思ったりもしましたが、やはり、一度決めたことによる勢いで今日に至りました。結果的には、より安心感のあるエアコンメーカーになり(シャープ → ダイキン)、仕様も、最初に取り付けられたものよりも上回る結果となっておりますので、まぁ、良い結果となったのではないかと考えております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました