妻の父のパソコンにSSD

 昨日、予定どおり、妻の父が、我が家に来まして、妻、三女、私で協力して、スマホの使い方の説明を行いました。

 何とか、妻の父が教えて欲しいことは、全て教えることはできたと思っております。もちろん、スマホ関係は、きりが無いのですね。

 また、パソコンで知りたいことも対応いたしました。

 そして、妻の父が疲れて、寝ている間に、HDDからSSDに交換を行っております。

 ちなみに、予想以上に妻の父のパソコンの状態は悪く、電源を入れてからWindowsが立ち上がるまでの時間は、2分以上かかる状況でした。

 要因は、色々あったのかと思いますが、やはり、主因は、HDDにありそうでした。

 ちなみに、パソコンの中に入っていたHDDは、WDのBlueでした。CrystalDiskMarkで測定すると以下のとおりでした。まぁ、こんなものでしょうか?

 HDDのクローンをSSDに作った後、HDDとSSDを交換といういつもの流れで作業を実施。クローンを作るのに、1時間半くらいかかりましたが、HDDをSSDに交換すること自体は、約10分で終えることができました。

 Fujitsuのノートパソコンでしたが、ドライブの交換がしやすい機種で助かりました。

 さて、SSDに変更し、Windowsを起動してみますと、20秒くらいで立ち上がりました。やはり、SSDは速い。これまでが、HDDの速度律速であったことが、予想どおり、明らかとなりました。

 また、CrystalDiskMarkでの測定結果は、以下のとおりです。SSDとしては、普通ですかね。でも、これまで使っていたHDDと比べると、やっぱり速い!であります。なお、インストールしたSSDは、SAMSUNGの860 EVOです。我が家のパソコンは、すべて、これを使ってます。

 とりあえず、妻の父は、教えてもらいたいことのほとんどを学べたこと、パソコンが、ストレス無く使えることになったことに、喜んでいただき、本日、岩手に戻られました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました