取り出した内蔵HDDを外付けHDDとして利用

 先日、義理の父のノートパソコンから取り出したハードディスクを、ドライブケースを購入することで、外付けドライブとして再利用することといたしました。

 ノートパソコンから取り出したハードディスクドライブは、2.5インチのものでしたので、2.5インチのハードディスクドライブ用のケースを約1,000円で購入しました。購入したものは、こちらになります。

 以下の写真は、ハードディスクドライブとケースのSATAインターフェースで繋ぎ、ケース内にしまう途中で撮った写真になります。とりあえず、ハードディスクドライブをケースにセットする作業自体は、簡単なものであります。

 さて、そのままでは、義理の父が使っていたノートパソコンのCドライブ等のデータが残っておりますので、EaseUS Partition Master というソフトで、分かれていたパーテーションを一つにしたり、フォーマットしたりという作業を実施し、一つの真っ新な外付けドライブにしております。

 この外付けドライブを何に使おうかと思いましたが、やはり、バックアップ先といたしました。バックアップは、EaseUS Todo Backup というソフトを用いて、Cドライブを丸ごとイメージファイル化して保存いたします。

 とりあえず、我が家にある4台のパソコンは、現時点で大きな問題は無い状況ですので、全てバックアップしておきます。なお、これまでは、LANDISKの方にバックアップしておりましたが、もしかして、復旧の際、LANが繋がらないこともあるかもしれませんので、今回作製したハードディスクドライブの方がベターかと思った次第であります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました