Windows10 May 2020 Update(バージョン2004)

 昨日、QC検定受験のため、図書館で勉強を行いましたが、休憩のとき、PC雑誌を読みながらお茶をいたしました。その雑誌に、Windows10 バージョン2004の記事が載っており、ちょっと不安もありましたが、興味本位で、アップデートしてみました。

 バージョン2004は、コロナの影響や不具合の発覚等で、Windows10 バージョン1909の期限が伸び、自動アップデートはされない状態になっております。従って、こちらのサイトへ行き、 “今すぐアップグレード”をクリックし、“Windows10 更新アシスタント”を利用してのアップデートを行っております。

  

 上の画像のとおり、問題無く、バージョン2004にアップデートできました。一番不安だったのは、報告されております不具合ではありましたが、私のPCでは、今のところ問題は生じておりません。もちろん、利用しておりますハードに依存いたしますので、自己責任ということでありますので、お気をつけください。

 今回は、大型アップデートで、以下の機能改善が行われているようです。私が、以下の項目の中で、利用しているものは、ほとんど無いので慌てる必要は無かったのですが、ちょっとだけ、レスポンスが良くなったような気はしております。もちろん、アップデート直後だけかもしれませんが……。

  • Bluetoothデバイスのペアリングを「アクションセンター」でも実行可能に
  • Microsoftアカウントのパスワードレスサインインのサポート(Windows Hello対応生体認証デバイスが必要)
  • 「Windowsキー+.(ピリオド)キー」で絵文字キーボードを呼び出す機能の追加
  • 仮想デスクトップに任意の名称を付ける機能の追加
  • 「DirectX 12 Ultimate」のサポート
  • 「Xbox Game Bar」におけるサードパーティー製ウィジェットのサポート
  • 「Microsoft Edge」の消費メモリ量の改善
  • 「電卓」アプリの機能改善(常に前面に表示することが可能に)
  • 「メモ帳」アプリの機能改善
  • 「Your Phone(スマホ同期)」アプリの機能改善
  • 「Cortana」の単独アプリ化と機能改善(※1)
  • 日本語、中国語、韓国語の文字入力の改善
  • 「Windows Subsystem for Linux 2」の機能改善

 あと、上のリストには、ありませんが、バージョン2004からは、クラウドからの初期化が可能になるようです。初期化を行うような場面には遭遇したくはありませんが、最悪のときは、楽に初期化ができるようになった形であります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました