回復へ

 10月2日(月)の朝、5時頃に目が覚めた。つまり、寝ていたのである。痛みが和らいで、自然と寝ていたようである。金曜と土曜の夜は、寝れていなかったので、久しぶりのまとまった睡眠であった。そして、痛みのピークは過ぎたようである。

 仰向けで寝ている状態であれば、ほとんど痛みなし、ただし、横を向くとダメ、うつ伏せもダメな状況は続き、もちろん、起き上がることも、椅子に座ることも痛くて無理であった。

 少しずつ痛みは和らいでいる感じではあるが、状況に大きな変化は無く、2日が経ち、10月4日(水)に往診してもらった。そして、ブロック注射をしてもらった。土曜日の痛み止めの駐車は、ブロック注射では無かったのかぁ、と思いました。

 ブロック注射の効果もあってか、引き続き、時間とともに痛みは和らいでいく感じで、10月6日(金)に、立ち上がることができた。ただ、椅子にすわることはできませんでした。でも、少しずつでも、回復していることが実感でき、うれしくて仕方がありませんでした。

 10月7日、10月8日と痛みは、どんどん軽減し、10月9日(月)には、椅子に座ることも可能となり、ゆっくりではありますが、歩くこともできるようになりました。痛みは、ほとんど無くなったのですが、歩くときに、右足から腰にかけて、思うように力が入らない状況であります。

 10月11日(水)、動けるようになったので、MRIの検査を受けました。その結果、椎間板が出っ張っているところが、確認されました。また、歩くときに、力が入らない状況を医師に伝えたところ、ヘルニアにより、神経のダメージがあり、それによる麻痺でしょうとのことでした。また、この麻痺は、残ってしまうこともあるという恐ろしい説明も受けてしまいました。用は、神経が自分で修復できるレベルのダメージであれば、麻痺は、時間とともに、無くなるが、逆もあり得るとのことであります。

 また、今、椅子に座るのは好ましくなく、安静が一番とのことで、仕事は、10月いっぱいは、休むぐらいで考えてくださいとのことでした。

 10月13日(金)、時間とともに、少しづつ力が入るようになってきているような気がしておりますが、まだまだ、普通に歩くことができません。もう、2週間が経つのかぁ〜ですが、慌てないようにしようと思います。

 

コメント

  1. パルタ7 より:

    こんばんは。
    何だかすごく痛々しいですね。再発や癖になるのを避けるため、医師の勧めに従っ1か月くらい会社を休み、しっかりと休養を取るべきでしょう。無理は禁物です。私も現職時代、腰痛で1週間会社を休んだ事があります。医師の診断書には椎間板ヘルニアと書いてありました。

    • akira より:

      こんにちは!
      ありがとうございます。
      だいぶ良くなりましたが、
      やはり、普通に歩くことができません。
      回復までに時間がかかりそうで、
      1ヶ月ぐらいあっという間かもしれませんね。
      早く、仕事に行きたいのですが…..。

  2. kaion より:

    おはようございます。

    大分良くはなっているけど油断は禁物ですね。
    医師が言う様に今月一杯は休んで完治に向けて
    安静にしていた方が良いかもしれませんね。

    • akira より:

      こんにちは!
      ありがとうございます。
      完全に治るまでは、できるだけ安静にしています。
      でも、本当、もう少しという感じではあるのですが、微妙に駄目です。