平成から令和へ

 平成が終わり、本日から令和がスタートしました。

 昭和天皇が崩御された1月7日は、スキー場に居ました。そう、まだ、学生だったのですよね。

 生まれてから昭和の時代を生きた時間よりも平成の方が計算上も長いのですが、やはり、平成での30年間、私にとっても色々あった期間であります。

 何が、一番というのは難しいのですが、東日本大震災で被災者になったことが、災害に対するニュースを他人事に思えなくなった大きな分岐点ではあります。正直言えば、それまでは、他人事のように客観的にニュースを見ていたことは間違いないです。

 個人の話で言えば、まさか自分が、大学院まで行くとは思っていなかったのと、その結果、大企業に入社することに繋がったことは、少なくとも、大学3年までは、思ってもみなかったことであります。そういう意味では、お世話になった研究室の仲間、そして、内田先生に感謝であります。

 でも、約25年で、お世話になった会社を体調を崩して去ることとなり、一度、転落をしました。そこそこ辛い時期を過ごすこととなりましたが、今、復活できつつあるのは、家族のおかげだと思っております。

 スポーツで言えば、平成5年にJリーグが開幕し、ここまで、日本でサッカーが人気実力とも、ここまで上がることになるとは、当時からは想像できなかったことですね。まだまだ、世界トップクラスとの壁はありますが、平成で大きく躍進したことは間違い無いと思います。

 逆に、プロ野球は、難しい時代だったように思えますが、とりあえず巨人ファンになってしまう時代は終わり、しっかり、自分の応援するチームを持って応援するファンが増えたのかと思います。地上波での放送は、ほとんど無くなりましたが、球場へ足を運ぶ人の数は、逆に増えております。各球団の努力が実を結び始めている結果かと思いますね。

 スポーツで言えば、水泳、卓球、バトミントン等、私の学生時代とは比べ物にならないほど実力が上がりましたね。

 経済、政治関係では、パソコン・インターネットの普及、バブルの崩壊、同時多発テロ、携帯端末の普及、リーマンショック等、色々なことがあり、書き尽くすことはできませんが、ありきたりですが、日本のこの30年間は、平和であったとは言えるのでしょう。

 令和も、当たり前ですが平和であって欲しいと願い、個人的には、令和の次の時代も元気に生きていて、4つの時代を経験することが目標かなぁ~と思っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました