ZOOM

 パソコン、タブレット、スマホがあれば、現在は、相手の顔を見ながら会話をすることができ、遠方に住む人とも身近にコミュニケーションをとることができ、とても良い時代となりました。

 その代表的なソフト(アプリ)が、Skypeかと思います。事実、私も、これまでに最もお世話になったツールであり、今も、英会話でSkypeは利用しております。

 ただし、Skypeを利用しておりますと、フィリピン人の英語の先生の画像が乱れたり、友人との間でも同じ状況になることがありました。

 原因は、パソコン等の端末側の能力不足(最近は、無いのかもしれませんが…..)、そして、一番の原因は、通信速度不足のようでありました。

 通信速度環境は、自分は整えたつもりでも、相手は、いろいろ事情もあり、十分な環境を得ることができない場合もあります。

 そこで、無料で使えるビデオ通話サービスをWebで探してみたところ、ZOOMにたどり着きました。

 下のグラフは、Skypeビデオ通話とZoomビデオ通話の1時間当たりのデータ量を比較したものであります(このサイトから引用)。

 グラフからわかります通り、ZOOMは、Skypeの1/10程度データ量でビデオ通話を実現しているのです。これら以外にも、無料でビデオ通話ができるサービスはあるのですが、調べた限りでは、ZOOMが、最もデータ量が少ない状態でビデオ通話を実現しているようであります。

 以下の表は、ビデオ通話サービスの機能を比較したものでありますが、ここでも、ZOOMが優れていることがわかります(このサイトから引用)。もちろん、全て必要かは?? 私にとって、最も魅力的だったのは、多人数でビデオ通話をしても安定している点でありました。

 昨日、学生時代の友人とZOOMでビデオ通話を行ってみました。人数は、4人でありました。まず、一人、ADSL環境の人が居るのですが、Skypeでは苦しかったビデオ画像が、ZOOMでは全く問題ありませんでした。また、一人は、スマホでの参加でしたが、こちらも問題無しでありました。また、データー量が少ないので画質が劣るのかとも思ったのですが、それも感じられない品質でありました。

 従って、私の使う範囲では、今のところ、ZOOMが、Skypeに劣るところは見当たらない状況であります。

 ところで、これまで、ZOOMは無料と述べましたが、厳密には、有料版が存在し、無料では機能が限定されております(上の表の機能は無料で使えますので十分ではありますが)。

 無料版で、唯一苦しいのは、3人以上のビデオ通話だと40分間までという規制があることであります。ただし、これも、実は、40分を超えても使えるというこちらの記事もあります。事実、昨日、4人でビデオ通話を行いましたが、40分経過時点で、ギフトが届き、40分制限が解除され、無制限に使うことができました。この点は、今後利用していくことで、明らかになってくることと思います。

 最後に、ZOOMには、リモートコントロール機能もあります。以前の記事で、義父へ、リモートでパソコンを教えるときに、AnyDeskを使い、音声は、Skypeで対応することとしておりましたが、それをZOOMだけでできることとになります。お盆休みに妻の実家に帰省しますので、義父のパソコンにZOOMをインストールする予定で考えております。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました